秋田県男鹿市の総合病院/男鹿みなと市民病院のホームページへようこそ

男鹿みなと市民病院

病院からのお知らせ(その他)

透析センターのお知らせ

人工透析センター様々な原因によって、腎臓が障害を受け、腎臓が、水、尿素窒素、電解質などの体液の調整という本来の機能を果たせなくなった方(腎不全)は、尿毒素などの老廃物や余分な水分を取り除き、電解質を調整し、血液中のPHを一定に保つことが必要です。これが人工透析です。
 透析治療は長時間にわたり、患者様にとっては生涯継続しなければならないことから、生活の大切な一部になる時間であると考えております。
当院の透析センター(180m2:待合室を含)ではベッド数12台(最大24名)が稼働。 しかしながら、2015年より透析専任の常勤医が不在となっており、秋田大学より医師の派遣を受けて治療が行われおります。したがって現在の透析実施日は、月、水、金曜の週3回(2部体制)となっております。
(現在依頼透析は受けておりません。)
これからも、日常生活にさまざまな制約を伴う透析患者様に、より質の高い、効率のよい医療を提供したいと考えており、治療中の時間を、快適に、心地よく過ごしていただくことを心がけております。
詳しくは、泌尿器科窓口までお問合せください。

〈透析センターの特徴〉

1.集中配管システム

集中配管システムとは、ベッドサイドで薬液を作成する現状の個人用装置とは異なり、粉末溶解装置により薬液を作成し、それを供給装置より各患者監視装置に送るシステムです。これに伴い、薬剤も従来の液剤から粉末剤に切り替わることになります。

2.熱水消毒

近年、水質の向上が透析治療の質を向上させることが分かっております。多くの施設は現在薬剤を配管内に流す事により清浄化に努めておりますが、どうしても薬液が届かない部位が生じたり、また薬液では十分な消毒効果が得られないケースが有ります。
この度導入致します、逆浸透水精製装置(RO装置)では、新たに熱水消毒方式を採用しております。供給するRO水を80℃以上に加熱し、RO装置自体から供給装置、配管、末端患者装置まで熱水を流す事により、熱伝導による高い殺菌効果が得られます。
(新センター導入装置についてはいずれも熱水対応仕様の機器を採用し、フル熱水システムを導入しております。)
この消毒方式の採用により高いレベルの清浄化が達成でき、透析治療の質の向上が望めます。

3.自動化・情報管理システム

この度導入されるニプロの透析患者監視装置「NCV−2i」は、透析前後の作業(プライミング、回収)を器械が自動で行う事が可能です。加えて透析情報管理システム「DiaCom」を採用することにより、今まで手作業だった各システムをコンピューターと連動させることが出来、ヒューマンエラーをなくすと同時にスタッフの省力化が図れます。これらにより、スタッフがより患者に対するケアに時間を使うことが可能となります。

ペースメーカ埋め込み手術について

ペースメーカとは電気発信器(電池と電気回路を組み合わせたもの)とこれに接続した細い電線(リード線)で構成されたものです。リード線の先を心臓に取り付けて、発信器と電線を接続すると、発信器からのリズムで心臓に電気刺激が伝わり、心臓を拍動させる仕組みになっています。ペースメーカの電気回路は常に心拍を監視し、心拍欠損時あるいは設定心拍よりも遅くなった場合にのみ心臓に電気刺激を送ります
基本的には脈拍(心拍)の遅い病気を持った方の治療に使用します。脈拍が遅くなると、ときに脳への血液循環が減少して一時的に意識を失ったり、めまいやふらつきが起こって生活に支障をきたしたり、全身への血液循環が不足して疲れやすくなったりする症状が現れてきます。専門的な病名では洞不全症候群や完全房室ブロックという病気のときにこのような症状を引き起こします。
脈拍の速い場合にはお薬での治療が主体になりますが、脈拍の遅い場合にはお薬での治療が困難なことが多く、このペースメーカを植込む手術を行うことになります。ペースメーカ手術は局所麻酔で行い、1時間半ないし2時間で終了します。入院期間も1週間強と比較的短期間ですが、作動状況をチェックするため定期受診はしなければなりません。また、5から8年で電池が消耗してしまいますので、電気発信器の交換手術が必要になります。

一時的に意識を失ったり、めまいやふらつきが強いことは脈拍が遅いことによる症状の可能性もあります。そのような不安をお持ちの方は是非受診をお勧めします。

 

ペースメーカ

 

敷地内の全面禁煙について

健康増進法に基づき「敷地内全面禁煙」となりました。
院内や駐車場など、病院の敷地内は全面禁煙となりますので、ご協力をお願いいたします。

マルチスライスCTを導入しております

マルチスライスCT

男鹿みなと市民病院では、このたびマルチスライスCTを導入し稼動しておりますので、ご紹介いたします。CT検査とはX線を使って体の断面を撮影する検査です。新しいCT装置では検出器は16列で、このように検出器が多数あるCT装置をマルチスライスCTといいます。マルチスライスCTの利点をいくつかご紹介いたします。

高速撮影により受診者の身体的負担が軽減されます
受診者の皆様に一番大きな利点は、高速撮影が可能になったことです。例えば肺のCTを撮影した場合、従来のCTでは、通常一回10秒の息止めで画像を5枚ずつ撮影し、これを6回繰り返しており、全部で2分程度かかっていました。新しく設置されたマルチスライスCTではスキャンの位置を設定してからは、息止めは一回のみで終了します。その時間も約12秒程度です。短い時間で撮影を行えるため息止めの身体的負担が軽減します。息止めが難しい患者様でもゆっくりと呼吸をしていただくことで、息を止めている撮影と同じような、動きによるブレの無い画像を撮影することが出来ます。

1回の撮影で高画質撮影診断が可能です
今までのCT装置では、病変部や病変部と疑わしい部分が小さい場合は検査する厚さを変えて設定していました。例えば前後を10mmの厚さで撮影し、病変部や病変部と疑わしい部分は1〜5mmの厚さで撮影していました。現在設置されているマルチスライスCTでは1回の検査で撮影した範囲を全て0.625〜1.25mmの薄い画像を作ることができます。1回の撮影で必要な画像を作成することができるため、立体的な3次元画像なども作成することができますので、検査結果をより分かりやすく説明することができます。

低被ばく検査で行えます
低被ばくの検査が可能になりました。人体を3次元に捉え、厚さに応じてX線を照射するので、今までのCT装置に比べ、最大40%のX線被ばくを低減できます


◆電子メールでの病気や健康に関するご質問はお受けしておりませんので、医療相談または受診手続きをお取りくださるようお願いたします。